更新情報

エイジングの悩みで多いシミの問題

高齢者の額から頬にかけて見られるシミを老人性色素斑あるいはスポット斑とも言いますが、はっきりした原因が不明ですが、加齢に伴う皮膚の老化と言われています。 しかし、年齢のせいばかりとも言えません。 早ければ20代でも見られる場合があります、逆に70代でもシミひとつない艶々した肌の方もあります。

確かに高齢になると、肌が乾燥しやすくなり、ストレスや睡眠不足など肌が老化しやすい環境にあります。 女性に欠かせない化粧も肌の老化を早める原因になっていることもあります。 ファンデーションなどはただでさえ乾燥しているのに、さらに顔の水分を奪い、皮膚の呼吸さえもできなくしてしまっています。 肌に必要なのは、水分と栄養です。 保湿性のある化粧水か栄養クリームで充分です。 シミを消すおすすめの方法とは

日本伝統の味噌や醤油などの酵素を含んだ栄養バランスの取れた食事は、健康にも優れ、新陳代謝を促し、美肌の素です。 そして、充分な睡眠です。 「眠れる森の美女」ではありませんが、質の良い睡眠は、年齢に関係なく、若々しい肌を作ります。 とくに、夜10時から午前2時の間はホルモンの分泌が盛んになる時間帯ということで、お肌のゴールデンタイムでもあります。

シミ予防とシミ解消でおすすめの美白コスメは違う

美白化粧品と言っても、シミの予防と解消では成分が違いますので、用途に応じて選ぶことが大切です。 国が認定しているシミの予防に効果のある美白成分があります。 それは、アルブチン、プラセンタエキス、ルシノール、ビタミンC誘導体、エラグ酸、カモミラET、t-AMCHA、トラネキサム酸、リノール酸の9つです。 たくさん入っているから良いというわけではありませんが、化粧品選びの目安にはなります。 とくに、化粧水にはビタミンC誘導体やアルブチンの含まれたものが多く、メラニンを作る原因にもなるチロナーゼの働きを抑制します。

シミを消す化粧品は、ハイドロキノンを含むものがいいでしょう。 ハイドロキノンは病院でも処方される薬(美白成分)ですが、市販されているものは、配合量はやや低めになっています。 美白におすすめの化粧品

もう一つは馬油です。 乾燥肌に塗ると、保湿効果があり、乾燥を防いでくれます。 また、馬油が人の皮脂に近い性質を持つため、浸透しやすく、皮膚の老化防止になります。 新陳代謝も促進してくれますので、艶やかな肌になると同時に、しだいにシミが薄くなっていきます。 ファンデーションを使ったりというお化粧は、肌の呼吸を妨げますので、できるだけ最小限にとどめましょう。

美白化粧品は肌質に合ったをものを選ぶことが大切

化粧品というものは女性であれば誰でも気になるものでしょう。 特に最近、はやりの美白化粧品ということになると興味津々だという人も多いことでしょう。

美白化粧品には非常に数多くのものが販売されています。 どれが良いのか目移りもしますし、テレビCMで流れているものや友人が良いと言っていた美白化粧品などはどうしても気になるものです。 特に最近はネットが普及しネットでも美白化粧品を購入したり、口コミを確認することも出来るので良いと言われるものはどうしても欲しくなってしまうのです。

しかし、人の肌質というものは人によって全然違ってきます。 それぞれに乾燥肌や敏感肌にオイリー肌など悩みを持っていたりもするものです。 ですから、美白化粧品を一つ選ぶにしても口コミや噂に流されて購入してしまうのは決して良い選択ではありません。 その美白化粧品が自分の肌に合うかどうかはわからないのです。 高いお金を出して本商品をいきなり購入するよりもまずはお試し商品などを購入して確認してみて自分にあっていれば購入するというのが一番良い方法だと言えるのです。

カテゴリ

サイトマップ